無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

21話 あなた目線
大丈夫かな。

ママ。


でも、
あたしは
愛菜をベビーカーに寝かせ、
あたしは
Lotusの曲を練習した。


練習を、して
3時間後。


カチャ。


あ「おかえり。
ママ!?」


ママの服はボロボロ
顔は腫れてる。

腕には凄いアザ。


友里「病院行こうって言ったんだけど
あなたの所行きたいって。」

あ「ママ、病院行きなよ!
まじ、あいつ許さない😤」

夏美「大丈夫よ…」

あ「病院行って。
痕残るよ…」

夏美「……分かった」

あ「友里ちゃん
お願い!」

友里「分かった。」

友里ちゃんは
ママを連れて
病院に行った。

あたしは
まだ、仕事あるから。

あいつ……
ママにも虐待するとか
意味わからないから!


愛菜「(泣)(泣)」

あ「愛菜ー。
どうした?」

愛菜の
泣き声で我に返る。

あたしはあやす。

しばらくして
泣き止んだ。

寂しかったか。

ごめんね、愛菜。

.