無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17話 翔目線
俺は

夕方になり
ZEROの打ち合わせに向かう。


今日は
震災報道番組。
ZERO×東日本大震災。


今日は
あなたが
中継で出てくれる。

久しぶりの再会だ。


なんやかんや。

中継が繋がる。

アナ「こちらには
伊野宮あなたさんと
伊野宮さんの叔母の宮本友里さんに
お越しいただきました。」

あ友里「こんばんは。」

あ「あ、翔くん^^」

おれは微笑んで
手を振る。

アナ「震災当時、どこにいました?」

あ「いわきのアクアマリンふくしまですね。
仕事の収録で。
全部キャンセルです。」

アナ「そうなんですね。
ちなみに
卒業式はいつだったんですか?」

あ「3月12日なんで、
出れませんでした!
卒業してません笑」

翔「(笑)
そうだね(笑)」

友里「(笑)」

あ「高校生になれないかもしれないですね(笑)」

友里「そんな事ないよ。
大丈夫。
いつか、帰れるから。」

あ「そうだね。
あー、みんなに会いたい・・・」

翔「そうだね・・・。
でも、みんな無事だし、
元気にしてるし、
みんなもあなたに会いたいって。
放送見て、
元気でよかったって
ホッとしてるかもよ。
ファンも。」

あ「そうだといいな・・・」

翔「だから、
再会したら、
思いっきり泣きな^^」

あ「了解しました!」


なんやかんや。

あなたとの
中継終わり、

ZEROも終わった。

.