無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

16話 あなた目線
翌日。

朝食は、
バイキング。

そして
まだ
帰れそうにないので

郡山を探索する。

ベッドメイキングするからね。

1回部屋出ないと。

あたしの携帯がなる。

櫻井翔。

翔ちゃん。

あ「はい。」

翔『おはよう。』

あ「おはよう。」

翔『朝からごめんなんだけど
ZEROに出てくれないかな。』

あ「え?
中継で?」

翔『うん。』

あ「まじか。」

翔『怖い思いしたのは
分かるんだけど、
視聴者の人達、ファンの人達に
あなたは元気だってこと見せて欲しいんだ。』

あ「そうだね・・・
じゃ、叔母と出てもいい?
まだ、余震続いてるんだよね・・・」

翔『いいよ^^
余震怖いよな・・・
じゃ、夜に。』

あ「うん。
またね!」

あたしは
ZEROに出ることになった。

.