無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

15話 あなた目線
あれから

嵐、JUMP、関ジャニ、TOKIO兄さん、V6兄さん、ジャニーズの後輩から
電話が来た。

あと、
部活の後輩、先輩、友達
担任の先生からも電話が来た。

みんな
安心したみたい。

あたしも
安心した。

再会したら
泣きそう。


無事に帰れますように。

友里「あなた、着替え買いに行こうか。」

あ「うん!」

充電、75%だけど、
いいか。

荷物持ち、
しまむらに向かう。

安くていいので(笑)

タクシーで、
しまむらに向かった。

ホテルから
車で10分くらいらしい。



そして
10分後

着いた。


しまむらで
買い物する。


ジャージ的な?(笑)
あと、寒いから
トレーナーとか、パーカーとか
長袖とか。
下着も。

翌日着る服とか。
何個か買う。

いつ帰れるか
分からないしね。

出来れば
明日には帰りたい。

無理かな。

さあ、何日後かな・・・







なんやかんや。


友里ちゃんが
自分の着替えと
あたしの着替えを買い、




なんやかんや。




ホテルに着き、


あたしは

たまたま、
5×10のバック持ってて

5×10のバックの中に
着替えを入れる。


お湯を溜める
友里ちゃん。

友里ちゃんは
Beautiful Worldのバックの中に
着替えを入れた。

シャンプーやボディーソープは
備え付けで。

バスタオルは、
バスルームにある。

まだ、
生活はできる。

郡山でも
余震は続く。

怖すぎる。

早くお風呂入ろう。

地震が怖いから
友里ちゃんと、入る。

友里「あなた
お風呂入っちゃおう。
おいで。」

あ「うん。」

バックを持ち

お風呂に入る。

お風呂に入ってても
地震は起きてる。


友里「大丈夫大丈夫。
怖いね。」

あ「友里ちゃん・・・」

友里「大丈夫だよ。
おばちゃんがいるから。」

あ「うん。」

友里「さあ、
また地震来ると
いけないから、
上がろう。」

あ「うん!」

髪洗ったし、
上がる。

そして、
着替えて
ベッドに座る。

夕食、朝食付きにした。

なんやかんや。


夕食を食べ、


寝た。

.