無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話 結成日
どうも。
4歳のあなたです。

あたしのママは
全盲。

だから、
あたしが
ママの目の代わりになり、
ここに何があるか
言ってるんだ。

パパは何もしない。

バカなの?

『疲れた』

『なんか、作れ。』

パパ、少しは
ママのこと
支えろよ!

なんのために
ママと結婚したの?

てか、
結婚式、
ママしてない。

パパが
ママ見えてないからって😅

え?
意味わからん。

全盲だから、何?

見えないから
結婚式しないとか
バカなの?

4歳のあたしでも
分かるわ。

いつか、
結婚式挙げて欲しいな。

あたしは
いつも通り
事務所に行く。

ニノ「あ、あなた、
おはよう^^」

あ「おはよう^^」

ニノ「今から、
ハワイだって。
一緒に行こう?」

あ「ハワイ?」

ニノ「うん!」

あたしは
ニノと一緒に
ハワイに向かった。

そして、
お兄さん
2人がいた。

ニノ「あ、櫻井くん、大野くん。」

翔「あ、二宮くんと、あなたちゃん。」

あ「あ、あたしのこと知ってるんですね。」

翔「うん。
有名だよ。
可愛い、Jr.がいるって(笑)」

智「あなたちゃんの事だったんだね^^」

あ「あたし、そこまで有名じゃないんで😅」

ニノ「有名だよ^^」

櫻井くん、大野くんは
あたしからしたら
先輩。
なので、敬語。

なんやかんや。

松本くん、
相葉くんが来た。

相葉くんが
最後。

デビューすると
言われた。

この、6人で。

まじか。

頑張るか。

.