無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5話 母親目線
しばらくして

月日は
流れ、

あなたは、
卒園式を迎える。

お姉ちゃんと一緒に
幼稚園に向かう。

あ「あ、友里ちゃん!」

友里ちゃんとは、
あたしのお姉ちゃん。

おばさんとは
言わない。

お姉ちゃんの仕事は
あなたのマネージャー。

去年の10月から始めた。

友里「可愛い、フリフリの洋服だね^^」

あ「うん!
ママがこれがいいんじゃないかって^^」

目は見えないが
手探りで探した。

友里「すごく、可愛いし、
似合ってるよ^^」

あ「わーい!
嬉しい^^」

また、
アルバムが増える^^

点字で
卒園式のあなたって書こうかな。

夫は、
パチンコだな。

娘が
卒園式なのに。

何やってるんだか。

あなたの
卒園式が始まる。

卒園式のあとは、
あなたは仕事。

アイドル雑誌の撮影だ。



なんやかんや、

思い出のアルバムって言う曲歌い、

卒園式は無事終了。

あなたの教室に向かう。

保育士「そら組の皆さん。
卒園おめでとうございます!」

園児「ありがとうございます!」

保育士「先生から、
そら組のみんなに、
お手紙配るので
呼ばれたら大きな声で返事してください。」

園児「はい!」

なんやかんや、

保育士「続いて、
伊野宮あなたちゃん!」

あ「はい!」

保育士「卒園おめでとう^^
いつも、笑顔のあなたちゃん。
こっちまで笑顔になるよ✨
手紙は家に帰ったら
読んでね。」

あ「うん!
先生、1年間ありがとうございました!
先生最後に抱っこ笑」

これは
そら組みんな言った(笑)

お決まりみたいだね(笑)

先生大変だな(笑)

保育士「あなたちゃんもか(笑)
しょうがないな(笑)
おいで^^」

あ「わーい!」

保育士「やっぱり、
重くなってるわ(笑)」

あ「これで最後だから、
でも、この幼稚園に
遊びに来ようかな。」

保育士「うん。
先生、当分、
この幼稚園にいるよ。」

あ「分かった!
ランドセル見せに来るね^^」

保育士「楽しみにしてるよ^^」

そして、
なんやかんや、
終わった。

そして、
あなたは、
お姉ちゃんと
仕事に向かった。

.