無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6
川原〇〇
ご馳走様でした🙏🏻
澤本夏輝
はーい
川原〇〇
ちょっと部屋入ってみていい?
澤本夏輝
どーぞどーぞ。
運ばれてきた荷物は一応部屋に入れといたよ?
あとベッドもセッティングしましたー
川原〇〇
ありがとうございます
川原〇〇
うわっ!広!
想像をはるかに超える広さだった。
私の部屋は真っ白だった
川原〇〇
こーゆー部屋欲しかった!!😍
澤本夏輝
ちなみに俺の部屋は黒✨
川原〇〇
へぇー、かっこいいね
川原〇〇
ていうか夏輝くん、身長高いね
澤本夏輝
そうかな?あなたが小さいだけじゃないー?
川原〇〇
( ˙^​˙ )
川原〇〇
私だってまだ160㌢の夢は諦めてませーん
澤本夏輝
えっ、160㌢ないの?
川原〇〇
158ですー
澤本夏輝
あと2㌢じゃん
川原〇〇
頑張って伸ばそうとしてるんだけどね〜
澤本夏輝
どうやって?
川原〇〇
厚底履いたり
澤本夏輝
あー、そういう系ね笑笑
川原〇〇
ていうか暇だね~
澤本夏輝
荷物、ダンボールから出せば?
川原〇〇
……手伝ってください
澤本夏輝
OK