無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
川原〇〇
澤本夏輝っと
澤本夏輝
どう?出てきたでしょ?
川原〇〇
ふぁ、ファンタスティックス??
澤本夏輝
そ!FANTASTICS
川原〇〇
あ!佐藤大樹って知ってる!
川原〇〇
あとなんか世界っていう人も見たことある……
澤本夏輝
大樹くん知ってるか
川原〇〇
えー、夏輝くん凄いじゃん!
川原〇〇
え、まって、私すごいじゃん!
澤本夏輝
凄いね笑
川原〇〇
え、なんか夏輝くんは凄い人ってわかった!
澤本夏輝
あなたの素はこれか
川原〇〇
( ゚д゚)ハッ!
川原〇〇
なんとなんと、出会って30分の人に
心を開いてしまった……
澤本夏輝
あなたって面白いね😂😂
川原〇〇
明るくて元気で一緒にいて楽しいって
よく言われます😇
澤本夏輝
あのさ、メンバーにシェアハウスすることになった
って言ったら"どんな人?"って言われたから
ちょっと写真撮ってもいいかな、?
川原〇〇
川原〇〇
無理。
澤本夏輝
お願いっ
川原〇〇
んー……
川原〇〇
じゃあ、このネットに
"澤本夏輝さんはパスタを作るのが得意"
って書いてあるから作ってくれたらいいよ
澤本夏輝
おっ、任せろ
澤本夏輝
ちょっと待っててね〜
川原〇〇
え、ほんとに作ってくれるの
澤本夏輝
もちろん
なんだ、凄い良い人じゃないか。澤本夏輝
澤本夏輝
たらこ食べれる?
川原〇〇
食べれるというか大好き😍😍😍😍
澤本夏輝
じゃあタラコパスタつくろ
夏輝くんがパスタを作ってくれてる間にママに文句を
通りでいつもより心配しないと思った。