無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

19
そのまま1ヶ月間ほどは暇な日々を過ごした


そしてついに、緊急事態宣言が解除され
学校が始まった
川原〇〇
夏輝く〜ん!行ってきま〜す
澤本夏輝
行ってらっしゃ〜い
私は意外に専門学校で楽しくやってます
友達も1人出来ました←
名前は中川二胡にこ
中川二胡
中川二胡です



中川二胡
今日は何するかな〜??
川原〇〇
たい焼き買って帰る
中川二胡
なんか渋くない?笑笑
川原〇〇
あんこ苦手だからクリーム
中川二胡
それたい焼きの意味ないじゃん
川原〇〇
あるよ
中川二胡
まぁ、いいけど笑笑
川原〇〇
たい焼き食べるでしょ?
中川二胡
粒あんね
川原〇〇
粒あん2つとクリーム1つください
店の人
はいよー
中川二胡
え、私2個もいらないよ!?
川原〇〇
私が2個買うの
中川二胡
あんこ食べれないんでしょ?
川原〇〇
これは夏輝くんに…
中川二胡
な、なつきくん?
川原〇〇
な、なんでもない
店の人
はい、おまたせ〜
川原〇〇
ありがとうございま〜す
川原〇〇
はい、たい焼き
川原〇〇
よし、帰ろう
中川二胡
ちょちょちょちょ、聞きたいことありすぎるんだけど?
川原〇〇
ですよね〜…

中川二胡
ほう、今夏輝さんっていう人と同居してるって訳ね?
川原〇〇
そゆこと
中川二胡
しかも知らない人と?
川原〇〇
もう心開いたから大丈夫な人だよ
中川二胡
なんか触られたりとかしてない?
川原〇〇
してないしてない!
川原〇〇
むしろ私の方が触れちゃってるかも笑
中川二胡
あなた初めて見た時ものすごく可愛いって思ったから気を付けてよ?
中川二胡
ほんと数日前に会ったばっかだけど
中川二胡
まだあなたのこと全然知らないけどさ
川原〇〇
心配してくれるのはありがたいんだけど、そこまで夏輝くんは怖い人じゃないから大丈夫だよ
中川二胡
なんかあったら言ってね?もうあなたから離れないから笑笑
川原〇〇
ありがとう笑
心強いわ
中川二胡
じゃあね、バイバイ
川原〇〇
ばいば〜い





















✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーー✂
作者通ります。
私、全然専門学生とかじゃないから
どんな事をして、いつ休みだとか
無知すぎるので私の想像でいってますので
本当に申し訳ないですが
少しだけ変なところがあっても



気にしないでください!