無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
私の名前は川原あなた。19歳。この春から大学1年生になります。
私は地元から遠く離れた東京の大学へ進学することになったので
今、一人暮らし始めるために、荷物を詰めています。
川原〇〇
ママ〜
はーい?
川原〇〇
住所ってどこ?
住所が書いた紙はここにあるわよ
家のことは全てお母さんに任せてあります。
ママ心配だわ。東京でやっていけるのかしら……
川原〇〇
大丈夫だって!へっちゃらだよ👍
彼氏頑張って作ってね😢
川原〇〇
いや、そこの心配?
だってもう19歳でしょ?
彼氏はいるの?
川原〇〇
彼氏……。居ないわ!
東京行くって言ったら別れよって笑笑
あなたはモテちゃうから
悪い男の人には気をつけてね?
川原〇〇
もちろんだよ
はい、荷物詰め終わった?
忘れ物ない?
川原〇〇
ないです!
じゃあ気を付けてね
ちゃんと仕送りするから
川原〇〇
はーい。またね〜
私は東京へと向かった。



新しい一人暮らしの家ってどんな家だろ〜
まだ見てないんだよなっ