無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ク レ ー プ










.











に し む ら
に し む ら
  ふふっ。俺はこれで  
 .  
  じゃあ、私これで  




クレープを受け取り、近くのベンチに座る



に し む ら
に し む ら
  ん~美味  



好きなもん食べてるは甘々になってくれる



 .  
  そやね  
に し む ら
に し む ら
  いる?  
 .  
  いいの?  
に し む ら
に し む ら
  うん!こうかーん  


たまにこんな風に言ってくれる拓哉が大好き。







に し む ら
に し む ら
  どーする?この後  
 .  
  欲しい服あんねん  
に し む ら
に し む ら
  服?いいよ見よ  



「 え、にしたく遭遇でてる 」

「 ほんまや。」




近くからそんな声が聞こえた





 .  
  …あ、帰ろか…  




拓哉の遭遇情報が出たら私たちのデートは終了



に し む ら
に し む ら
  うん……  



拓哉の知名度が高くなってから






たくさん見つかるようになり、なかなか長い時間遊びに行くことができなくなっていた



拓哉が有名になるのは嬉しいんだけどね…