無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

✿ ダンス
あなたside














智洋 『 1 2 3 . 4 5 6 7 8 … 』













ただいま ダンスレッスン中の あなたです …
















しげ 『 もー!わからへんてえ … 』



淳太 『 ムズいな これ 、』



望 『 ここさ、むっちゃ わからん 笑 』



流星 『 おーい 、あなた~? 』



























流星 『 まだしてる 』



照史 『 んん? 』



流星 『 いや、あなた、笑 』



照史 『 あ、ほんまやな笑 』



淳太 『 どんだけ 真面目やねん笑 』


















智洋 『 よし、じゃあ 個人で練習~ 』


全員 『 はーい! 』



望 『 あなたさんッ 』



あなた 『 んん?どした? 』



望 『 ここ教えて~! 』



あなた 『 あ、えっと、ここはな 、』






















































望 『 こう? 』


あなた 『 そうそう! 』



望 『 ありがとう! 』


あなた 『 ってか のんちゃんも わからんとこあるんやね笑 』


望 『 いやいや!あるやろ!笑 』



あなた 『 いやあ、なんでも完璧やからさ 』



望 『 あなたの方がすごいて 』



あなた 『 だって こんな カッコよくて 歌上手い人おらんやん? 』


望 『 え//いまなんて … 』


あなた 『 はまちゃーん! 』
































さりげなーく言ってみたけど

結構恥ずかしい ことが わかりました 笑