無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

あなたside












崇裕 『 ふう~!! 寒い … !! 』


淳太 『 しゃあないやろ 負けたんやし 』


智洋 『 まあなあ 、』


あなた 『 さむいいい 』






いま わたしたちは 鍋の


買い出し行く人を 決めるため じゃんけんを


した結果 決まったのが この人達です



















智洋 『 ほんと さむいな 』


崇裕 『 いきなりやけど あなたも毎回大変やろ 』


淳太 『 いまは 楽やろ 』


あなた 『 うん笑 いつもよりは楽かもね 笑 』


智洋 『 いつもはのんちゃんとかしげが ベッタリやからね ~ ?? 』


崇裕 『 あれさ 、どういう気持ちなの?? 』


あなた 『 ええ?別に楽しいし嬉しいしいいかな?? 笑 』


智洋 『 またまた やさしぃ! 』


淳太 『 ほんま 天使みたいな子やなあ 』


あなた 『 わたしは 天使じゃないでーす 』


智洋 『 よし 今度から 天使西村と 呼ぼ』


あなた 『 やから!ちがうー!笑 』


全員 『 はははっ笑』


























































智洋 『 何鍋がええー? 』


淳太 『 すき焼き? 』


あなた 『 チゲ鍋! 』


崇裕 『 しっ、シゲ鍋!? 』


淳太 『 ちゃう!チゲや! 』


智洋 『 たまに出る はまちゃんの天然爆発の瞬間が見れた 笑 』


あなた 『 やった! 笑 』


崇裕 『 喜ぶとこちゃう笑』


全員 『 笑笑 』















こうして 鍋の買い出しは 終了 。