無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

あなたside




















のんちゃんの 胸の中で 泣いて 、


さっき



落ち着いたから 、 とりあえず 部屋にいます
























【あなた】ふふふ~ん ♪



















こうゆう時は 鼻歌が 一番やからね ッ 笑















































コンコンッ










あ、






神ちゃん かな?










【あなた】はあい!

























ガチャッ





















【しげ 】よ、よっ


【あなた】あ、あ、ああ、入ってええよ ?


【しげ】失礼します…














































緊張のあまりに またまたまた 泣きそうです 。







こうゆう時って どうやって話せばええかな?


とりあえず あのさ って いう?


いっちゃう? いっちゃう?





いうぞおおおおお











【しげ・あなた】 あのさ!


【あなた】あ!えーと 、


【しげ】ごめん!ほんまにごめん!


【あなた】こっちこそ、あらためてごめんなさい


【しげ】めっちゃくちゃ 強く言ってたみたいで …


【あなた】だ、そこは 大丈夫やってえ!


【しげ】ほんま?


【あなた】おん!仲直りしよ?


【しげ】っ… ありがとう ((ニコッ


【あなた】いえいえッ ((ニコッ


【しげ】やっぱ あなたは笑顔やなあ




【あなた】((ギュッ


【しげ】んあ、ど、どうしたん ??////


【あなた】やっぱ しげちゃんの匂いがすき


【しげ】そうかあ?笑 ありがとう //


【あなた】したいこう!


【しげ】せやな





【あなた】ってかうちの 部屋始めてやろお?


【しげ】あ!ほんまやった!写メ写メ…


【あなた】だーめー!!


【しげ】はははっ笑 うそやて 笑






























無事仲直り できましたとさ