無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

🍁
あなた side












あなた 『 真っ赤だな~ 真っ赤だな~ ♪』


望 『 彼岸花って 真っ赤だな ~ ♪ 』


智洋 『 きれいやねえ …』


しげ 『 紅葉よりさ 、あなたが 綺麗 ! 』


あなた 『 んふふ笑 ありがとうッ 』















今日は 全員オフ なので



紅葉を見に来てます ☆












あなた 『 ああ~! あのもみじ 綺麗! 』


照史 『 おっ、ほんまやな~ 』


流星 『 あなた~ッ 』


あなた 『 んー? 』


流星 『 ほらっ! 』 ((パラパラパラ


あなた 『 うわあッ! 』













そうやって ふう は



手のひらいっぱいの 落ち葉 を もって



ぱーっと 花吹雪みたいに まいた 。













その時の 赤色 が 、 どこかで 見たことあって…
























流星 『 あなた? びっくりした? 』



あなた 『 あ、ううん! めちゃめちゃ 綺麗!』



しげ 『 なにそれー!俺もしたいー!』


あなた 『 んふふ笑 じゃあ 今度はみんなでしよ! 』


望 『 しよー!! 』






































そこら中の 落ち葉を かき集める 。






























照史 『 よしっ! いくでー? 』


しげ 『 せーのッ!!! 』






























パラパラパラ パラパラパラ パラパラパラ

















淳太 『 うわあ … 』


崇裕 『 めちゃめちゃ 綺麗やなあ! 』


あなた 『 っ… 』












なんだろ 、 この景色 …





見たことあるような 、どこか懐かしいような…

























































望 『 綺麗やったねッ! 』



あなた 『 あれ、もっかいしよな!』
























紅葉を 見に行くのも 悪くは無いかも 笑