無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

あなたside












しげ 『 じゅーんたあー 』


淳太 『 うるさい 、』


しげ 『 うっ、、あなた ー 』


あなた 『 はーい 』


しげ 『 んふふ、目の前におるってのは幸せやなあ ~ 』


智洋 『 はーい 寝ますよ ~ 』


全員 『 はーい 』


流星 『 ちょいまって 、化粧水 どうしよ 』


照史 『 流星 明日休みやで 』


流星 『 じゃあ こっちにしとこ 』


智洋 『 電気消しまーす 』






















































望 『 あなた~ 』((小声


あなた 『 んぅ? 』


望 『 ちょっと 、静かに きて 、』((小声


あなた 『 う、うん … 』









のんちゃん から いきなり 来てとの

お誘い 、


みんな 寝てると思ったので ゆっくり

静かに 、、

































2階







望 『 ふはっ! はあーしんどかった 笑 』


あなた 『 ふふっ笑 どーしたの? 』


望 『 いやあ 、あなたがな 眠れなさそうやったから … 』





さすが 、よくわかってますね 、




あなた 『 んふ、ありがとうね 』


望 『 いいや、ちょっと おれも 眠れんくて 笑 』


あなた 『 そっか、、なにするの? 』


望 『 んー なんでも? 笑 』


あなた 『 じゃあ 前の雑誌とかみよっか笑 』


望 『 おん!そーしよ 』



























































あなた 『 ね、ねむい … 』


望 『 お、じゃあ 下行こか 』


あなた 『 うん、、 』





















その日の夜は 気持ちよく眠れました