無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第63話

あなたside













あなた 『 あいたたたた … 』









今日は 火曜日 。


火曜は いつも 学校です




でも …




あなた 『 んん … くらくらする … 』






たちくらみが した 。








もう 8時 …


行かなきゃ …






























淳太 『 あなたー? 』


あなた 『 は、あい 〜 』


淳太 『 あなた? 入ってええ? 』


あなた 『 うーん 、』














淳太 『 どーした 』


あなた 『 くらくらするの 〜 』


淳太 『 っ … ちょっと まっててな 』


あなた 『 で 、でも 学校行かなきゃ … 』


淳太 『 大丈夫 、寝とって ?? 』


あなた 『 う、うん … 』
























































智洋 『 あなた!! 』


あなた 『 んあー 、神ちゃん 、』


望 『 にむ !? 』


あなた 『 それ 今呼ぶ ?? 笑 』


智洋 『 熱やな 、今日学校休も? 』


あなた 『 えっ … や、やだ!! 』


望 『 熱悪化して ずっと 先輩とかに会えなくなるかもやねんで? 』


あなた 『 でも 、!しょうたちと 遊びたいの!! 』


智洋 『 また 今度遊び? 』


あなた 『 じ 、じゃあ 言っといて? 今日休むって 』


智洋 『 わかった 、言っとく 』


望 『 今日は 安静にしときやあ 』


あなた 『 はーい 』


智洋 『 のんちゃーん? 行くで? 』


望 『 ここに おる~ !! 』


智洋 『 わかった 笑 』


あなた 『 ありがとう 、』


































望 『 大丈夫 かあ? 』


あなた 『 たぶん … 』


望 『 多分 ちゃうやろ ! 笑 』


あなた 『 じゃあ 無理 … 笑 』


望 『 なんか 食べたいもんある? 』


あなた 『 んー あ ! なべ! 』


望 『 おっけーい 、ちょっと 言いに行くわ 』


あなた 『 うん! 』