無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

あなたside










あなた 『 ねぇねぇ … 』


流星 『 んー? 』


あなた 『 今日ね っ、 みんなで寝たい 』


流星 『 ええよ ?? ちょっと 神ちゃんとかに 言ってくるな ?? 』


あなた 『 うん … ! 』







なんで わたしが みんなと 寝たいかと言うと …

















_ 1時間前 _





わたしが へやで 宿題してたら









ピコン♪






あなた 『 ん? 』





それは いつめーるのグループでの

ゆうたからの メールだった .









ゆうた 【 ねえねえ 幽霊って信じる?? 】


しょう 【 なになに ?? 笑 】


あなた 【 信じない !! 】


かいと 【 ぼく みたことあるよ !! 】


れん 【 え!?ほんまに !? 】


かいと 【 うん 、ほんとに 怖いけど大丈夫?? 】




ちょっと 聞くの不安だけど 聞きたいから








あなた 【 うん!聞きたい~ 】


ゆうた 【 あなたさん 大丈夫でしょうか 】










そしたら以外に 怖くって …


ひとりで 寝るの 不安で …























で 今に至ります





流星 『 ええってよ ~ 』


あなた 『 よかった…!! 』


智洋 『 みんな~ 今日全員一緒に寝るで~ 』





しげ 『 ええ!!! やったぁ!!! 』


淳太 『 え、なんでいきなり ?? 笑 』


智洋 『 あなたがね 言い出した 』


望 『 じゃあ あなたちゃんの よーこ ♡ 』


あなた 『 んふ 、いーよ 』


しげ 『 じゃあ反対がわは おーれさま が 』


あなた 『 いや、神ちゃん 』


智洋 『 え!ありがとう ♡ 』


崇裕 『 おれら どこでもいいもんな ?? 』


照史 『 いや、あなたの近く 』


しげ 『 あ、でも 目の前がある 、やった 』


淳太 『 とにかく 布団ひこか 』


全員 『 はーい 』
















































流星 『 かみこたが あなたを挟んで 、あとは どーする? 』


しげ 『 はいはいはいはい!おれここ! 』


照史 『 じゃあおれここー!! 』


流星 『 どこでもいいわ 笑 』


淳太 『 じゃあ ここにするわ 』


流星 『 じゃあ絶対 ここ~』


崇裕 『 うわあ 、しげの横しかないし 笑 』


淳太 『 作戦成功 笑 』


流星 『 どんまいね 笑 』









布団の配置は こうなりました






流 崇 重 照
星 裕 史

淳 望 西 神
太 村 山






わたしの 前には しげちゃんが います . 笑