無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

✿ ドッキリ
あなたside







今日 は 弟組 ( 7WEST ) に


ドッキリ を 仕掛けます ~ !!


まあ わたしも 弟組 なんですけど 笑


ちょうど 4人 が いないので ッ









照史 『 んで 、 どんな 内容なん ? 』


あなた 『 ん~ …… あ! 私が 野球好きで バッティングセンター 行ってるやん? 』


淳太 『 行ってるね 』


あなた 『 やから 私がバッティングセンターで バッティングが 上手いから 野球選手ならない?って スカウトされたドッキリは ?? 笑 』


崇裕 『 あー 笑 でも バレんかな ? 笑 』


照史 『 イマドキの 野球選手って 男ばっかやん? 笑 』


あなた 『 そこは 、頑張って 笑 』


照史 『 はいはい 笑 』


淳太 『 もうすぐやな 』


あなた 『 まず 私が 事情を説明 して そのあと 色々あると思うから そのあとに 家を1回出ていく 』


崇裕 『 どこおんの ? 』


あなた 『 んー れんのいえ? 笑 』


淳太 『 はははっ笑 了解 笑 』


あなた 『 んで、私が出ていくタイミングを示す 合図が そこのジャンバーを 着る時ね 』


崇裕 『 それを着た時は 出ていく合図?』


あなた 『 そう! 』












ガチャッ













あなた 『 じ、じゃあ 雰囲気ね 、雰囲気 』


照史 『 ピリピリした感 ね 』




























しげ 『 たっだいまー!!! 』






・ ・ ・




しげ 『 あれー?どうしたん? 』


望 『 あなた~ ! ただいま~♡ 』


あなた 『 ・ ・ ・ 』


望 『 んん? どうした~ん? 』


照史 『 あんな 、 ちょっと 話があんねん』


智洋 『 ただいまー って 話って? 』









さすが 神ちゃん 。

スマートに 会話に入るの 半端ない












流星 『 それな 、はよ話してくれ 』


崇裕 『 あんな 、あなたがな 』


照史 『 スカウトされた らしい 』


しげ 『 は? 』


望 『 スカウトされたん !? 』


あなた 『 う、ぅん … 』


淳太 『 野球選手ならない?って 』


智洋 『 どこで ? 』


あなた 『 バッティングセンター … 』


崇裕 『 バッティングうまいから 野球選手ならない?って 言われたらしい 』


智洋 『 引き受けたん ? 』


あなた 『 まだ … 考えさせてください って 言った …』


流星 『 やめるん ? 』


あなた 『 ・ ・ ・ 』


しげ 『 なあ!!!! やめるん!? なあ!? 』







まじで 笑いそ 笑








もうそろそろ ジャンバー 着るか 。















望 『 そんな … 泣 そんな … 泣 』


智洋 『 き、急 すぎ … ひん 、?』


しげ 『 ずっと 8人で やっていこうって 決めてたやんかっ!!!!! 』






















あなた ((ジャンバーを着る


照史 ((頷く


崇裕 (( 頷く


淳太 (( 下で 親指立てる






















よし じゃあ 出ていくか