無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

学校に潜む恐怖
竹中
竹中
呼ばれた理由は分かってるな?
たかこ
たかこ
分かりません。
竹中
竹中
掲示板、見たんだろう?
たかこ
たかこ
見ました。
竹中
竹中
プールに見に来た生徒がいたらしいが、知らないか?
たかこ
たかこ
知りません。
竹中
竹中
嘘だな。お前はそいつらを知っている。見たという先生がいるんだ。正直に言え。
たかこ
たかこ
知りません。
竹中
竹中
白を切るか。どうなっても知らんぞ?
先生の手には、金属の棒が握られていた。
たかこ
たかこ
何をするの?
竹中
竹中
お前を殺す。あの生徒も俺が殺させた。狼にな。
たかこ
たかこ
やめて。
竹中
竹中
死にたくなければ、服を脱げ。
たかこ
たかこ
いや。
先生が棒を振り下ろす。鈍い音がして、血が飛び散る。
たかこ
たかこ
うう。しんじ君。
竹中
竹中
世話かけやがって。
しばらくして、しんじたちは教室の近くまで戻る。
クラスメイトにたかこについて聞かれる。
まきこ
まきこ
たかこ、戻ってないの?
女生徒
そうなのよ。
まきこ
まきこ
どうしたのかしら?
そこで、女の先生が、プール見てくるわね、と出ていった。
しばらくして、「きゃー」と悲鳴が聞こえる。
まさる
まさる
何事だ?
しんじ
しんじ
行ってみよう。
しんじたちはプールへ向かった。
そこで見たものは
まきこ
まきこ
た、たかこ
たかこがプールに浮かんでいる。腕は傷だらけで、頭から血が出ている。
服が脱がされていて、胸にはあざが出来ていた。
ようこ
ようこ
ひどいことするのね。
しんじ
しんじ
でも、ここにいたら、怪しまれるな。(たかこの白い肌)
まさる
まさる
戻ろう。
男子生徒
おい、これ見てみろ。
しんじ
しんじ
なんだ?
当校で、教師が生徒を殺害するという事件が起こりました。
二人も殺され、当校としては、イメージが悪くなることが、懸念されるため、該当職員を懲戒免職にすることに加え、殺人として提訴することにしました。(この後は汚れていて読めなかった。)
その頃、違う場所では。
竹中
竹中
霧島先生、あの掲示板はなんだ?
霧島
霧島
あなたのことを書いたまでですよ。
竹中
竹中
ほう。なら、生かしておけないな。
霧島
霧島
殺すんですか?
竹中
竹中
そうしたいのは山々だが、俺も立場が悪い。裸になれば、見逃してやる。
霧島
霧島
セクハラで訴えますよ!
竹中
竹中
出来るものなら、やってみろ!
竹中は霧島先生に襲いかかり、服を脱がして裸にする。
竹中
竹中
良い体してるじゃねぇか。生徒に人気があるのも分かるな。
霧島
霧島
やめて。
霧島先生はスタイルが良く、服を着てると分からないくらい胸もある。
竹中
竹中
そんじゃ、この体を頂くか。
竹中は霧島先生の胸をに手を伸ばす。
霧島
霧島
ひっ。
その事、しんじたちは掲示板を見て、話し合っていた。
しんじ
しんじ
この字、霧島先生だよな?
まさる
まさる
じゃあ、霧島先生に何かが起きてる?
しんじ
しんじ
巻き込まれた可能性があるな。
まきこ
まきこ
探しましょう。
しんじたちは探し回って声がする場所を見つけた。
ようこ
ようこ
ここから声がするよ。
まさる
まさる
あれは。
しんじ
しんじ
霧島先生と・・・竹中先生?
まきこ
まきこ
入るわよ!
しんじたちは部屋に入る。
ようこ
ようこ
霧島先生!これは……
しんじたちが見たのは、裸にされた霧島先生だった。
竹中
竹中
お前ら
まきこ
まきこ
竹中先生、なんで?
竹中
竹中
ふう。見つかったら仕方ないか。ちょうど、さやかもいるな。さやかを閉じ込めたのは俺だ。
さやか
さやか
どうして?
竹中
竹中
お前としんじがイチャイチャしてるのを見て、腹が立ったんだ。しんじも閉じ込めようと思ったが、出来なかった。だから
しんじ
しんじ
そんな理由で?
まきこ
まきこ
でも、見てると呆れるくらいよ?
ようこ
ようこ
それはそうね。
さやか
さやか
でも、狼はやりすぎじゃ。
竹中
竹中
まさか、狼が入るとは思えなかった。あの日、お前らが倉庫に入るのを見たから外から開けられないようにした。狼が入り込んでいたことには気付かなかった。
ようこ
ようこ
女子生徒を殺したのは?
竹中
竹中
あいつはさやかを閉じ込めたとき、俺が倉庫から出るのを見てたらしい。それで、あの時問い詰められて逆上した。
しんじ
しんじ
あの殺し方は、普通じゃなかった。
竹中
竹中
プールで殺したんじゃない。学校の裏に呼び出して、狼に襲わせた。最初は腕を噛ませただけだったが、いつかまた言ってくるだろうと胸を噛ませた。狼は獰猛だ。胸を引きちぎった。俺はそのあと、プールに運び、投げ入れた。
まきこ
まきこ
たかこも?
竹中
竹中
あいつは掲示板を見ていたにも関わらず、口を割らなかった。お前らがプールに様子を見に来たことは知っていた。それを吐かそうとしたが、知らないの一点張りだった。
しんじ
しんじ
見られてたのか。
竹中
竹中
霧島先生はあの掲示板を書いた。俺を処分にし、裁判に持ち込むとな。霧島先生も俺がやったことを知っていたみたいだ。ここから去る前に消すつもりだったが、出来なかった。
まきこ
まきこ
ひどい!
竹中
竹中
なんとでも言うが良い。俺はもう終わりだ。
そのあと、警察が来て、連行されていった。もちろん解雇の上。