無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

(どうしてこうなったんだよ、)



手術室前で待ってるとヒョン達が来た



JN「テヒョナ!あなたはどこだ」



「今手術を受けている途中です」



RM「どんな感じだったんだ?重傷だったのか!?」



「わからないです、だけど階段から落ちたのか頭から血が流れていました。意識もありませんでした」



SG「くそっ!なんであなたなんだよ、」



怒りのあたりに壁を叩く



JM「ーなさい、」



「どうした、ジミナ!」



ジミンが膝をついて崩れてしまった



JM「ごめんなさい、俺があなたと別れたから、」



泣きながら謝っていた



JN「ジミナ、何があったんだ?ゆっくり話してごらん、」



JM「落ち込んでいたから近くをあなたと散歩してて、そしたらヨジャグループが来てあなたと話したいって言ってたから、そこで別れたんだ」



JM「俺があの時一緒について行ってたら今頃あなたはこんなことになってなかったのに…」



「ジミナ…ジミナのせいじゃないよ」



JK「そうだよ、階段を踏み外したのかもしれないし」



RM「とりあえず、今は冷静になろう。あなたの安否確認が先だ」



JM「う、うん」



ジミンが落ち着いた頃にお医者さんが出てきた



RM「先生、あなたは無事なんですか?」



医者「まず、命には別状はありません。ですが、軽い捻挫と頭を打って出血していて、まだ意識が戻っていません。なので、誰がが付きっきりでそばにいて欲しいのですが」



JM「俺が付き添います」



RM「ダメだよ、ジミナ!仕事がまだ残ってるんだぞ!」



JM「あなたがこんなことになったのは俺の責任です。付き添わせてください、」



みんなで顔を見合わせた



RM「分かった、あなたはジミナに任せる。その代わり無理するなよ、」



JM「大丈夫です、意識が戻ったら連絡します」



「ジミナ、あなたを任したぞ!ジミナとあなたの分まで頑張ってくるから」



そう言ってジミナと別れて病院をあとにした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

anco⭐️
anco⭐️
く「新人マンネチャン」連載中✨ ぜひ見てってください! リクエスト大歓迎! 投稿が疎かになりますが、ご了承ください🙇‍♀️🙇‍♀️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る