無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

912
2018/02/22

第6話

お似合い
シルクside
((コンコンッ))
シルク
はーい!
従業員
お待たせいたしました!
(従業員がテーブルにご飯を置く)
従業員
それでは失礼します。
シルク
ありがとうございまーす!
あなた

美味しそうですね…
流石東京……

シルク
え、東京だからなの?ww
あなた

私千葉県の山の方に住んでて……w

シルク
そうなんだw
ンダホ
早く食べよーよ!!!
シルク
はいはいw
いただきます!!
2人
いただきまーす!!!!
あなた

(パクッ)
熱っ……!

シルク
大丈夫か?w
ふー…ふー…はい、あーん!
あなた

え、あ…(パクッ
美味しいですっ…////

ほんのり赤く染まった頬が可愛いw
シルク
顔赤いよww
あなた

だ、だってシルクさんが
急にあーんってするからっ…///////

可愛すぎるw
あなた

(私のターン!!)
ふー…ふー……あーんっ!!

シルク
え、(パクッ)
仕返しかよ…///////
あなた

シルクさんも真っ赤ですよー??(ニヤニヤ

シルク
う、うるせー!//////
ンダホ
二人ともお似合い過ぎでしょwww
シルク
え?
あなた

え?

ンダホ
だから、カップルみたいってこと!
あなた

カップル…/////

シルク
カップル…////