無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

925
2018/02/22

第4話

イルカショーと…
youside
あなた

もう3時になるかなっ?

シルク
そうだな!行こっか!
あなた

っ///////

また手を握られてドキドキが止まらない…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


シルク
もう始まるのかな?
ンダホ
あ!シルク!!アイス買ってきたよ!
シルク
お、ありがと!
シルク
あなた疲れただろうから
あげる!
あなた

え、いいですよ!!
シルクさんのだし……

シルク
じゃあ半分こにしよ?
あなた先食べて!
あなた

じゃ、じゃあ…(パクッ

あなたー!(手を振る)
あなた!(手を振る)
あなた

あ!やっほー!(手を振る)

シルク
あれがお母さんとお父さん??
あなた

はい!
年に2回ほどしか会えないので
デート気分で楽しんでるみたいですw

シルク
そっか!じゃあ俺らもデート気分だな!
シルクさんはずるい……
ドキドキすることばっかりしてて
心を全部知ってるみたい………
あなた

そ、そうですねっ……/////

2人
(可愛い…//)
シルク
なあこれ結構水跳ねるんじゃね!?
((ザブーンッ))
あなた

本当だ…イルカで良かったですね…

シルク
早くアイス食べないと!
あなた

あ!半分食べました!

シルク
(パクッ)
あなた

//////

間接キス………/////
絶対顔赤くなってるよぉ……
シルク
食べ終わった!!
あなた

早いですねw

司会
お次はシャチのリリーちゃんです!!!
水がたくさん跳ねるのでご注意を!!
((ザッブーンッ))
あなた

ひゃあっ…!!

シルク
めっちゃかかったww
大丈夫?拭こっか…
(シルクがタオルであなたの濡れた髪を拭く)
あなた

あっ…ありがとうございますっ…////







そこから時間はあっという間に過ぎて
ホテルに行く時間になってしまった。
なんかありがとうございました!!
ありがとうございました!!!
シルク
いえいえ!こちらこそ凄い楽しかったです!!あなた、また会おうな!
ンダホ
じゃあね!!!
あなた

じゃ…じゃあねっ…グスンッ……

シルク
大丈夫だよ!!泣くなってっ……
(シルクがあなたをそっと抱きしめる)
あなた

寂しいですっ…グスンッ……

シルク
大丈夫。きっとまたどこかで会えるから…





私は暗い表情をしながらホテルへと向かった。