無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

940
2018/02/22

第3話

可愛い
youside
お父さんとお母さんはデート気分で
二人で行動してて
3時にイルカショーのところで集合する。
そして……私はまだシルクさんと手を繋いで水族館をまわっている。
シルク
ねえそういえば1人で来てんの??
あなた

いえ!親と来てて…

シルク
え、ごめん!大丈夫なの?
あなた

はい!3時にイルカショーのところで集合ということで…

シルク
そうなんだ!良かった。
あなた

ンダホさんは大丈夫なんですか?

シルク
ンダホは腹減ったって言ってなんか買いに行った。あ、そういえばこっちも3時にイルカショー集合だわw
あなた

そうなんですか!!
ほっとしました…

シルク
ほっとしたの…?
あなた

い、いえ!!!
ほらペンギン見に行きましょ!!!!

シルク
ん?おう…
危ない……
もうちょっとで離れたくないのが
バレるところだった…
シルク
あ、名前聞いてなかったよな?
あなた

そうですね!
あなたっていいます!!

シルク
あなたか…可愛いな…///
可愛い……

シルクさんに可愛いって言われるって
奇跡すぎる…
しかも手繋いでるからずっとドキドキが止まらない………