無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

987
2018/02/22

第2話

水族館
youside
遅いわね…
あなた

ね…

ごめん!遅れた!!
あなた

遅いよぉ〜!

ごめんって!ww
どこ行く??
水族館とか…
水族館。
それを聞いただけでシルクさんを思い浮かべてしまう。
あなた

いいね!!行こいこ!!!

じゃあ決まり!
車に乗り、いち早くスマホの画面を見る。
「どうも!Fischer'sシルクです!!」

「ンダホ!!」

「マシャーイ」

「モトキです!」

「モトキー」

「お前はダーマだからなww」
あなた

ふふっ…

好き…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


あなた!着いたぞ!!
あなた

んん…あ、本当だ!

あなた

早く行こ!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなた

この海月綺麗………

シルク
このサメ俺やんwww
ンダホ
ふははははっwwwww
ん?この声…
(あなたが後ろを振り向く)
あなた

嘘……

あなた

す、すいません…Fischer'sのシルクさんとンダホさんですか…?

ンダホ
あ!ウオタミさん??
あなた

はいっ…

足が震えてる……w
誰か助けて…………w
シルク
ありがとう!!
ってか足震えてるけど大丈夫?w
あなた

((ドキッ))
は、はいっ!!
大丈夫です…/////

シルク
(可愛いかよw)
あ、ねえ君もこのサメ見てみ!!
(シルクが大きな手で小さなあなたの手を握り、サメのいる水槽へ行く)
((ドキッ…ドキッ…))

心臓がうるさいっ!
ってか近い…///
あなた

な、なんかFischer'sのアイコンのサメに
似てますねっw

シルク
でしょっ??
あなた

あっちの海月もすっごい綺麗ですよっ…//
見ませんっ?

シルク
うん!見る見る!!
ンダホ
俺もー!!
え、私明日死ぬの?