無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

本編
あなた

ハァハァ

なんで?…3級って言ってたのになんで特急呪霊がいるの?…
??
君速いね
そう言って私と距離を縮めてくる特急呪霊は真人と言うらしい。
真人
真人
君何級?
あなた

準1級

真人
真人
へーもっと強いかと思った
あなた

何が言いたいんですか?

真人
真人
君は準1級以上の実力があるって言ってるの
あなた

それはどうも

たかが呪霊が言っている事だから気にしないのが1番…
あなた

なんで攻撃してこないんですか?

真人
真人
強めにすると君死んじゃうでしょ?
あなた

呪霊ってそんな事気にするんですね

真人
真人
じゃあ君から仕掛けて来たら?
そういうことならこっちから仕掛けるか……
あなた

シュン

真人
真人
やっぱり速いね
真人
真人
じゃあこっちも本気出しちゃおうかな?
真人
真人
領域展開
自閉円どんか←変換で出てきませんでした。すんません
あなた

うわ

真人
真人
君に感謝を
あなた

じゃあこっちも本気出しましょうかね……

真人
真人
ん?
あなた

領域展開
華鞍見川

真人
真人
わお
動けないね
よし…これでとどめを




パリン
あなた

え?

嘘でしょ?領域を割って入ってきた…私ら以外に誰かいたかな?
??
以外と冷静なんだね
??
僕は夏油傑
夏油 傑
夏油 傑
あなた

へ?

それから私の意識は途切れた






真人視点
真人
ほんとに殺さないで良かったの?
夏油 傑
夏油 傑
あぁ
あのあなたとか言った子はちょっとまだ様子を見ていたい。面白い子だ…
真人
そう?
正直夏油がなんて言ってるのかわからなかった
夏油 傑
夏油 傑
準1級から入学してくるなんてなかなかの才能だ
そういう事ね
真人
じゃあ殺さない方がいい感じ?
夏油 傑
夏油 傑
そうだね…でも僕達が殺せるかどうか分からないけど

















短くてすみません。
最後まで読んでいただきありがとうございました!