無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

本編

部屋

骨なんて久しぶに折った…
どうしようかな …任務行けないなら暇だな
明日誰か高専に居るかな。居なかったらほんとに暇なんだけど

あ〜眠くなってきた…
ヤバい…ベッドまで行かなくていっか…
おやすみなさい……




五条視点
あなた大丈夫だったかな?まだ9時30分だし起きてるか…様子見に行こ
五条 悟
あなたー
入るよ〜
鍵が空いてたからすぐ入れた
勝手に入った事野薔薇とかに知られたらめっちゃ怒られそうw
五条 悟
あなた?
ベッドじゃなくて机にうつ伏せで寝てるあなたの姿があった
起こした方がいいかな?

そう思ったけどあなたがあまりにも気持ちそさそうな顔で寝てるからどうしても起こせなかった
五条 悟
しょうがないな〜
そう言ってあなたを抱えてベッドまで運んだ
自分
ん……
や…めて…
五条 悟
あなた?
そう言ってあなたは少し涙を流していた。
起きたら聞いてみようかな。

悪い夢だったのなら起こした方がいいのかもしれないけどなんとなく起こさない方がいいと思った。









あなた視点

翌日
あれ?私ベッドで寝てたってけ?そう言えば今日から暇なんだった。野薔薇ちゃん達いるかな?


1年教室
誰もいない
寮の部屋も誰もいないし……
2年の先輩達はいるかな?いたら稽古つけてもらお


20分後

どうしよう……誰もいない…部屋で大人しくしとくか
あなた

暇…

暇だし勉強でもするか…


1時間後
ドリルも終わったしとうとう何もすることがなくなった。なんでこんなに誰もいないの?!今日に限って
本屋でも行って本とドリル買うか……





本屋
どっちにしよう…欲しいのが2つあるまぁこっちでいっか?これ終わったらこっち買お

帰り道
??
やぁ久しぶり





最後まで読んでいただきありがとうございました!