無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

本編
あなたの部屋
五条先生ほんとに大丈夫かな?夏油傑と五条先生の間に何も無かったもしても夏油傑は何者?やっぱり分からない。
今そんな事考えても仕方ない…おやすみ




翌日
あなた

……

五条悟
五条悟
……
いや気まず!
昨日の事からなんか五条先生と気まずい!
伏黒 恵
伏黒 恵
五条先生とあなた?何してるんですか?
あなた

あ!えっと…あはは

私のバカー
誤魔化すのの下手すぎ!
五条悟
五条悟
これからあなたには特級の任務に行ってもらう
あなた

はい?

聞き間違いかな?
あなた

あの…今なんと?

五条悟
五条悟
だから、特級の任務!
伏黒 恵
伏黒 恵
いや説明して欲しいんだと思いますよ?準1級術師がなんで特級の任務なのか
よくわかってるね。伏黒くん
五条悟
五条悟
あなたは何度か特級に遭遇してる。しかも特急の中の特級と。準1級なら多分そんなに動けないだから様子見ってことでよろしくね!ついでに恵も行ってきて
伏黒 恵
伏黒 恵
は?
素晴らしい無茶振り
伏黒 恵
伏黒 恵
なんで俺もなんですか?
五条悟
五条悟
だって恵特級倒したことあるでしょ?
あなた

え?!そうなの?

伏黒 恵
伏黒 恵
あぁ
五条悟
五条悟
じゃ、行ってきて!
やっぱり雑だなこの人















現場
あなた

ねぇ伏黒くん

伏黒 恵
伏黒 恵
なんだ?
あなた

呪霊の気配は凄いけど全然居ないね

伏黒 恵
伏黒 恵
そうだな。手分けして探すのもいいがそれだと危ない
あなた

まぁこのまま探してくか





そんな時私の後ろから物凄い気配を感じた



私は後ろを向くと呪霊がいた
あなた

伏黒くん!

伏黒 恵
伏黒 恵
大丈夫か?
あなた

うん

すると呪霊は突然間合いを詰めてきた
あなた

はぁ?!

びびった
絶対攻撃当たると思った
呪霊
反射神経が凄いな
あなた

喋れるの?

呪霊
まぁな
まぁなってなんだよw
伏黒 恵
伏黒 恵
(喋れてるって事はこの特級かなり強い)
あなた

もういいよね?

呪霊
何がだ?
あなた

領域展開















華鞍見川















最近投稿出来てなくてすみませんでした!










最後まで読んでいただきありがとうございました!