無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

─52─
293
2022/03/31 00:29












 (なまえ) 
 あなた 
 ただいま ~ ! おっぱ今日はっ … ていな 
 いの ?












 私はいつもおっぱがいるであろう部屋を見て回るけど







 (なまえ) 
 あなた 
 いないよ ~ 






 私は玄関で泣き崩れる







 すると









 ガチャっと音がし ,










 りの
 りの
 うわぁ , あなたこんなとこで何してん 
 の ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 あっ ! おっぱ ! 








 私はおっぱの質問なんか無視して抱きつく




 (なまえ) 
 あなた 
 おっぱっ ! 偉い ? 5 時に帰ってきたよっ 
 りの
 りの
 ん ~ 偉いね ~ . 偉いけど … 
 りの
 りの
 なにこれ , あなたちゃん ? 










 私は , おっぱがいないということが大事過ぎて


 靴は脱ぎっぱなしで , あちらこちらに ,


 カバンも投げ捨てたので


 中に入っていた財布などが散らかっていることを


 おっぱが見つかったことでいっぱいで


 すっかり忘れていた






 (なまえ) 
 あなた 
 けど , おっぱがいなくて … すごく焦った 
 んですよっ !
 りの
 りの
 ん ~ それはありがとね ~ 
 (なまえ) 
 あなた 
 絶対言い訳だと思ってるんでしょ 
 りの
 りの
 ううん . そんなことないよ . 嬉しいよ 



 りの
 りの
 あなたちゃん 
 






 おっぱが手伝ってくれたおかげで ,


 早めに終わることができた










 (なまえ) 
 あなた 
  終わった ! 手伝ってくれてありがとう 
 ございます
 (なまえ) 
 あなた 
 なので , そのお礼に料理っ ! 今日は私が 
 作りますっ !
 りの
 りの
 いや , いいよ . あなたは座ってて , ? 
 俺が作るから
 (なまえ) 
 あなた 
 いえ ! それは出来ませんっ ! お礼なの 
 でっ ! 
 りの
 りの
 なら手伝わせて ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 そ , そこまで言うなら … 











 (なまえ) 
 あなた 
 私がお肉焼きますっ ! 
 りの
 りの
 大丈夫 ? 怪我しそう … 気をつけてよ 
 (なまえ) 
 あなた 
 は ~ い 






 …





 (なまえ) 
 あなた 
 あつ ! 





 おっぱの言う通り , 私は怪我した




 りの
 りの
 ほら ~ おいで . 






 そう言って手招きをするおっぱ


 私は素直に従うけど …





 おっぱは私の手を優しく水に冷やしてくれた





 その後またすぐお肉の方に戻る


 でもさっきのおっぱを見ると自分が情けなく , 悔しい


 そう思っていたら





 りの
 りの
 あなた近い ! 涙が … 







 私はいつの間にか泣いていて ,


 その涙がどんどんフライパンの中に落ち , 油と混ざり


 ぱんぱんっ と油が飛び跳ね ,


 私の腕にあたり , また怪我する














 りの
 りの
 あなた 






 そう言ってフライパン ? の火を消し私を抱きしめ


 フライパンに背を向ける





 まだ ぱんぱん と油が飛び跳ねている




 (なまえ) 
 あなた 
 おっぱ , … おっぱが怪我しちゃう 
 りの
 りの
 そんなのどうでもいいよ 






 そう言って抱きしめたままソファーの方へ












 おっぱはソファーに座り自分の太ももを叩き





 りの
 りの
 おいで 







 そう言われる





 私はそれに従うけど








 りの
 りの
 あなた泣かないで ? そういう失敗もある 
 から 
 りの
 りの
 あなたが大怪我しなかっただけマシだよ 




 (なまえ) 
 あなた 
 嘘ですよ 
 (なまえ) 
 あなた 
 私がいるせいでめんどくさいことが増えて 
 苦労させて … ごめんなさい ㅜㅜ
 りの
 りの
 そんなことないよ . もう泣かないで ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 もう呆れちゃいましたか ? うざいですか 
 ? … 私 , おっぱに見合う人になろうと頑 
 張りましたよ ?
 りの
 りの
 呆れてもないし , うざくもないよ ? だか 
 ら大人になろうなろうってしなくていいん 
 だよ ?
 りの
 りの
 ほら , わかったのぽっぽ 






 そう言って唇を突き出され , 私は断れずぽっぽする


 また上手くまとめられた …






 りの
 りの
 これから無理しないでよ 
 (なまえ) 
 あなた 
 はい … んっ 
 りの
 りの
 もっとぽっぽ … 

























 🐰