無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

─55─
265
2022/04/07 10:00












 数分後


 すうすうと , 寝息が聞こえ始める











 その寝息を発してるのがおっぱ .


 だから起こしたくはない


 けどその音が嫌いでどんどん怖くなる


 おっぱに背を向けていたけど


 怖くておっぱの方に身体を向け , おっぱの頬に触れた






 すると





 りの
 りの
 ん ~ , 






 起きたかと思って焦った






 でも起きてないみたいなので


 おっぱのふところで一番しっくりくるところを


 探したりしてみたけど見つからず






 おっぱの たるん と垂れた手に自分の手を合わせた








 りの
 りの
 … ㅋㅋ やっぱりあなたちゃんはまだ 
 小さい子どものままですねっ
 (なまえ) 
 あなた 
 え , おっぱ起きてたの … ? 
 りの
 りの
 ううん . 目が覚めたの . あなたが 
 ゴソゴソするから
 (なまえ) 
 あなた 
 あ … 
 りの
 りの
 眠れないの ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 … はい 
 りの
 りの
 ほら とんとん してあげるから 
 (なまえ) 
 あなた 
 むぅ ! … 子どもじゃないですっ ! 
 (なまえ) 
 あなた 
 だけどしてください 
 りの
 りの
 ㅎㅎ 子どもじゃんっ 





 りの
 りの
 あなたは大人になれるの ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 なれます 
 りの
 りの
 とんとん しないと寝れない子が ? 
 (なまえ) 
 あなた 
 … っ ~ , なれますよっ 
 りの
 りの
 ん ~ . いい子 , いい子 






 おっぱは私を よしよし と撫でると


 私に優しくキスを落とす






 (なまえ) 
 あなた 
 へへっ ㅎㅎ 、ぽっぽされた ~ 
 りの
 りの
 はぁ … ほんとに大人になれるのか 
 (なまえ) 
 あなた 
 なれるもん 






















 🐰