無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9 短いです
8の最初 中也side
中原 中也
中原 中也
じゃあ、俺達も帰るか…
芥川 龍之介
芥川 龍之介
はい。







ガラガラ🚪









中原 中也
中原 中也
じゃあな…
真琴の顔を見る。
















………
















見たことがないほど、悲しそうな寂しそうな顔をしていた。

表情は暗い。

此奴と関われば厄介なことになる。

そう勘が告げているのに、俺はドアを閉めるのを少し躊躇ってしまった…










それが失敗だった。






真琴
あの…!
中原 中也
中原 中也
ん?なんだ?
真琴
また来て貰えませんか?
真琴
仕事とかあって、大変かもしれないですけど。
たまにでいいので!
中原 中也
中原 中也
……
真琴
御免なさい…やっぱ、ダメですよね。














ほら、また寂しそうな顔をする。














こんな顔をされると…










中原 中也
中原 中也
俺は構わねぇが…
芥川は?
芥川 龍之介
芥川 龍之介
構いません。
中原 中也
中原 中也
じゃあ、またな。
真琴
はい!










関われば、どちらかが絶対傷ついちまう…

だがもう、戻れない。

















関わってしまったからには、彼奴を…