無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第3話

第3話  ノートとウォークマン
池本卓也
池本卓也
失礼します
池本卓也です
佐藤先生
こんにちは
できるだけ冷静に聞いてくれるかな
池本卓也
池本卓也
はい
佐藤先生
遼太君は突発性記憶障害だ
あと1ヶ月もすれば完全に記憶がなくなり新しく記憶したことも覚えていられる時間が短くなる
白石遼太
白石遼太
は?
池本卓也
池本卓也
・・・・・。
佐藤先生
実際もう自分が忘れ物をしたことを忘れている
白石遼太
白石遼太
じゃっじゃあバスケは
佐藤先生
もちろんできなくなるだろうね
白石遼太
白石遼太
そんな、、
卓也どうし、、卓也?
(卓也が泣いてる?卓也が泣いてるの見るの初めてじゃない?レアだ。ってなんで泣いてるの?俺が病気だったから?)
池本卓也
池本卓也
えっあぁすまない
先生遼太の病気は治らないのですか?
佐藤先生
いや、絶対に治らないわけではない
実際治ったケースもあるからね
池本卓也
池本卓也
本当ですか!?
遼太、頑張ろうな
佐藤先生
月に1回病院に来て様子を見ることになるけど次はとりあえず3週間後かな
お大事に
白石遼太
白石遼太
はい
ありがとうございます
池本卓也
池本卓也
ありがとうございます
失礼します
╴╴╴╴╴╴診察室を出る╴╴╴╴╴╴╴╴






作中に出てくる病名は本当にあるのかは知りません。また、作者に医学の知識は全くありませんのできちんと知りたい方はご自分で勉強してください。
1話と2話の順番がおかしくなっていてすみません。
こんな駄作ですがこれからも読んでいただけると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。
good-bye

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

影
がんばります❗ 何かと至らぬ点もあるかと思いますが暖かい目で見ていただけると嬉しいです。 アドバイスなどお願いします。 よろしくお願いします❗
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る