無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12話
1,666
2018/12/21 08:01
廉side



廉「んなぁ…あなた遅ない?」




玄樹「確かに…いつもおはよー!とか言って起きてくんのに」




岸「疲れてるんじゃない?」




ジン「それにしても遅い気が」




海人「見てこよっか?」




紫耀「お願い!」










そう言って元気に階段を駆け登りあなたの部屋に向かった海人



















廉「なんか心配やな〜」



紫耀「んまぁあなたのことだし大丈夫じゃない?」




岸「少し疲れてるだけでしょ」




玄樹「だといいけどね〜」





という玄樹の言葉と同時に海人のドタドタという足音が響き渡った







ジン「あなたどうだった?」




海人「ちょっとジン来て!」




ジン「ん?俺?」




海人「うん!あと紫耀!」




紫耀「なんでおれ?w」




海人「なんか力持ちだから!」



とにかくあなたは大丈夫なのか?




海人について行ってあなたの部屋に向かったジンと紫耀













そして数分後ぐってりとしたあなたを抱えた紫耀と心配そうなジンと海人が帰ってきた













岸「あなたは?」




ジン「熱出してる」





廉「え?」




紫耀「インフルかもしんない」





玄樹「え?マジで?」




ジン「こんな時に嘘つかないって」






廉「病院行った方がええんちゃう?」




岸「今日仕事の人は?」



紫耀と玄樹以外が手を挙げた



岸「紫耀と玄樹以外か…」



ジン「じゃあその2人に連れてってもらお!」




玄樹「任せて!」



紫耀「あなたの事はちゃんと連れていきます!」





廉「ちょっと不安やけどまあよろしくな!」













とりあえずあなたは紫耀と玄樹が病院に連れて行ってくれるみたいです