無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まり
(お母さん)
○○ご飯出来てるよ

(○○)
はーい今から行くね

今はまだ幸せな日々が続いていた
あの時買い物に行ってもう少し
早く帰っていたらこんなことにならなかったのかな?
1時間後

(○○)

(´-ω-`)ふー
食べ終わったょ
ガーン!!!!

(2人とも)
えっ...何?

(鬼)

ぐへへ美味しそうなやつ
が2人もいるぜ!

(お母さん)


うっ...○○逃げて
お願い...

(○○)

お母さん!!ねえ
嘘だよね!...お母さん

(鬼)

ぐへへ!!
あとはお前だけだ
...ざく!!

(??)

おい...大丈夫か?

(○○)

あ...はい
大丈夫です。
お名前は?

(冨岡義勇)

俺の名前は冨岡義勇
鬼殺隊と言うものをやっている。

(○○)

冨岡義勇さんですね
助けていただきあり
がとうございます。

(冨岡義勇)

ああ...どうて事ない

(○○)

冨岡さん...
私も鬼殺隊を
やりたいです。

(美藍:主)

はい!!という訳で第2話
続きます。
あと投票遅いと思います
コメントくれると嬉しい!

大正コソコソ噂話

冨岡さんは、影で少し見ていたそうですよ。