前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog.
いつもの帰り道を歩いていたら














なんか、いきなり









🐰「俺と付き合ってよ」







『は?貴方のこと知らないし、付き合うとか無理』










































兎さんに告られたから振りました