無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#鬼灯
92
2020/11/21 03:32
君と別れた日は、鬼灯が枯れた日
浅利
浅利
北斗ごめんなさいッ、
松村
松村
どうした?
浅利
浅利
鬼灯が枯れる前に帰らなきゃ行けないんだッ、
松村
松村
もう会えないの?
浅利
浅利
いや、毎年この時期になったら会えるよ?ッ、
浅利
浅利
悲しいよッ、
松村
松村
大丈夫俺は、別れるつもりないから。
浅利
浅利
いや、別れる。
松村
松村
どうしてッ、
浅利
浅利
浅利家の決まりなの。
浅利
浅利
だから、来年のこの日また会おう?
浅利
浅利
そしてまた、付き合ってくれない?
松村
松村
いいよ!
松村
松村
それまで俺は、待ってる。
松村
松村
そしてこの鬼灯の花の前で
浅利
浅利
うんッ、笑
松村
松村
ありがとうッ、まってる。
浅利
浅利
うん、待ってて?
そしてこんな事を言った。
鬼灯の花の前で君との待ち合わせ
そして君とまた会うの。
浅利
浅利
約束!
松村
松村
うん!
浅利
浅利
あっ、鬼灯が、枯れてきている。
浅利
浅利
早く帰らなきゃ。
どうしてこうなったかと言うと、未だ原因も不明。命にも関わるらしい。
松村
松村
じゃあまた来年の今日会おう!
浅利
浅利
うん!