無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

197
2021/07/22

第42話

ひさしぶりのデート日和
山本恵里香
山本恵里香
じゃあ、わたあめ食べたいなっ
渡辺俊
渡辺俊
わたあめ?
山本恵里香
山本恵里香
うんっ
最近、テレビでやってて
気になってたの
渡辺俊
渡辺俊
へぇー、いいよ。行こ。
良かった、
いつものクールな表情に戻ってくれて。

ほっと胸を撫でおろす。
渡辺俊
渡辺俊
ここじゃない?そのわたあめ。
少し歩くと、
俊が足をとめて指さした。

そのお店は、たしかにテレビで
紹介されていた建物と同じで。

ずらりと長蛇の列ができていた。

山本恵里香
山本恵里香
人気なお店だからならぶのは
やっぱり当たり前だよね……
渡辺俊
渡辺俊
どうする?
待ち時間40分らしいけど。

ちょっとガックシ……。


でも、せっかく俊と今日はデートなんだ。
わたあめは、またいつでも来られる。


今日は俊とのデートを
めいっぱい満喫しなきゃっ!!

山本恵里香
山本恵里香
あっちのお店なら入れそうだよっ
渡辺俊
渡辺俊
え?わたあめは?
いいの?

近くのカフェを提案すると、
不思議そうに俊が見つめる。

山本恵里香
山本恵里香
いいの、
今の時間を大切にしたいからっ
渡辺俊
渡辺俊
恵里香……
山本恵里香
山本恵里香
ほーら、行くよーっ
渡辺俊
渡辺俊
うわっ!?
グイっと俊の腕を掴んで、
カフェ方面に歩いていく。


急に腕を引っ張っちゃったから、
かなり驚いたみたい。


でもすぐにまた、
優しいほほ笑みにと変わった。

カフェのドアを開けると、
共に鳴りひびくベルの音。

気づいた男性の店員さんが、
爽やかな笑顔でかけ寄ってきた。

店員
店員
ご来店ありがとうございます!
2名様でよろしいでしょうか?
渡辺俊
渡辺俊
はい。

あれ??
なんか、俊ってば急に不機嫌そう??
店員
店員
すぐにご案内いたしますね
どうぞ、こちらへ

不思議に思いつつも、
俊の後ろを着いていった。


案内された席は、花壇が見える窓側の席。
2人で向かい合わせに座った。
店員
店員
ご注文がお決まりになりましたら
どうぞお呼び下さい

カランと氷の入ったお水を置いてから、
店員さんが席から離れていった。


あの店員さん若そうなのに、
結構しっかりしてるんだなぁ。


笑顔もふんわりと優しくて、
女のコにも人気ありそうな感じだ。
渡辺俊
渡辺俊
なに見てんの。
山本恵里香
山本恵里香
ふぇっ!?


低いトーンで、
いきなりつぶやく俊。


おどろいた私は、
思いっきりまぬけな声を出して、
心臓をバクバクとさせる。


び、びっくりした……。


俊のほうを見ると、
面白くなさそうに
眉間にしわを寄せていた。


これは、絶対に怒ってらっしゃるー!?