無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1 〜スタート〜
外からセミの鳴き声が聞こえる。
ここは、私達テニス部の部室。
部活の後、こっそり残って部室で楽しく雑談をしている。
綾菜アヤナ
ねぇねぇ、みんなでコックリさんやらない?
涼子リョウコ
コックリさん?
綾菜アヤナ
霊を呼び出す手段なの。
綾菜アヤナ
使うのは10円玉と、鳥居と50音とかが書かれた紙だけ
涼子リョウコ
お金と、そんな紙持ってる人いるの?
芽生メイ
あっ、私10円玉持ってますよ。
綾菜アヤナ
紙は、私が持ってる!
涼子リョウコ
ヘ〜。
綾菜アヤナ
コックリさんやりたい人!
優香ユウカ
はーい!先輩、やってもいいですか?
優香ユウカ
芽生先輩も、やりましょう?
芽生メイ
じゃあ、やりたいです。
綾菜アヤナ
後1人だな。
涼子リョウコ
じゃあ、やろうか?
綾菜アヤナ
えっ?涼子は、始めから数に入れてるよ。
涼子リョウコ
綾菜は?
綾菜アヤナ
私は、指示するからパス。
波奈ハナ
じゃあ、やりたいです。
綾菜アヤナ
よし(๑•̀ㅂ•́)و✧
綾菜アヤナ
4人揃ったね。
涼子リョウコ
(なんか…怖いな…)
           ⛩
     はい        いいえ
ん わ ら や ま は な た さ か あ
    り   み ひ に ち し き い
    る ゆ む ふ ぬ つ す く う
    れ   め ヘ ね て せ け え
  を ろ よ も ほ の と そ こ お

  壱 弐 参 肆 伍 陸 漆 捌 玖 霊


続く➡➡➡➡➡