無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第86話

47
あなたside
あなた

.........。

廉
何緊張してるん笑てか、座らんの?
紫耀
紫耀
スタッフさんから「好きなところに座って頂いてもいいですよ!」だって!
優太
優太
笑笑 楽しんでるのはいいけど、集中しろよ?怪我するから。
海人
海人
 終わったー(*`∀´*)
つぎ廉だよ!
廉
分かったー行ってくるわー
海人
海人
おおっ回ってるー俺出来ねーわ笑
あなた

あっ.......HiHi

勇太
勇太
特技にしているグループより出来たらびっくりするよ笑
海人
海人
だって、優斗とはー同い年だし?
出来ると思いたいじゃん?
優太
優太
年齢と実力は比例しないからなー
勇太
勇太
何気にかっこいいこと言うねー笑
優太
優太
おっ俺だってカッコイイことくらい.......言いたいじゃん?
紫耀
紫耀
カッコイイねー(棒)
海人
海人
名言だわー(棒)
優太
優太
失礼じゃね!?
しょうかい
すいませんでした.......
スタッフ
キンプリー?変更点話すから来てー
King & Prince
−いわなが)はーい
紫耀
紫耀
あっ、あなたちゃんはスタッフさんに場所聞いて『来賓待合室らいひんまちあいしつ』みたいな所行っててくれるかな?
あなた

はーい.......

1人でスタッフさんに聞くの!?