無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5th
廉side





お店の人『今だったら抜けれますよ!タクシーも用意しました!』
廉
ありがとうございます!
流星
流星
駅まで歩くのはやっぱり無理?
大吾
大吾
無理っぽいなー。まぁ、しゃーないわ。
紫耀
紫耀
俺の...せい.....?
柊真
柊真
そんな落ち込まんといてや!
こんな6人も大人数で動いてたらわかる人には分かるわ。
康二
康二
いや、迷子センターはあかん。
廉が『タワレコ』言うてたからインフォメーションセンターで聞いたらよかったやん、
紫耀
紫耀
その手があったか!
タクシーで八尾駅着。

電車で優太のいる〇〇駅までLet's go!






廉&優太mail
岸の優太
岸の優太
ひまぁー
REN
REN
暇かぁ。
REN
REN
今電車乗ったから、後40~50分ぐらいで着くー
岸の優太
岸の優太
まじかー「(」・ω・)」ひー!(」・ω・)」まー!
REN
REN
優太?
岸の優太
岸の優太
ん?(*´-ω・)ン?
REN
REN
顔文字習得?
岸の優太
岸の優太
(≧∀≦)ゝイエッサ!


一方

優太side







優太
優太
( 'ω'o[Now]o
ドーナツショップにて食事中。
優太
優太
顔文字習得中。
何故顔文字を習得しようとしてるのか...

それは、













暇だから。



ほら、顔文字ってどんなのでどうやって使うのか知りたいじゃん?


暇だし。








部ダメ組は楽しそうに取材とかやってるぽいし、しょうれんは関ジュ時代のなにきんと今一緒におるから。



暇なわけですよー。


すごくぼっち感増してるし。(இдஇ`。)








30分ぐらい経ったら駅に戻ろうかな。






30分をどう過ごそうかー。






あなたside





学校着いたー!


にしても...永瀬くんが文化祭に来るなんて...。






担任の先生『あっ、あなた!あったのか?』
あなた

はい!買ってきました!

担任の先生『レシート見せて?』




レシート、レシート.....?あれ?ない(´;ω;`)




担任の先生『袋の中は?』





あったー!(*⌒▽⌒*)
あなた

コレです!

担任の先生『はい!これ、お金な!(∩´。•ω•)⊃ドゾー.....ん?どうした?何かあったのか?』
あなた

.....。先生、文化祭の日、永瀬廉くんが来てくれるらしいです。

担任の先生『はぁ?(´º∀º`)え?(´・ω`・ )どういう事?σ( ̄^ ̄)?』



先生に今日あったことを全て話した。



担任の先生『それは生徒へのサプライズにするか、逆に来てくれた感謝を込めて永瀬さんをサプライズするか…あなた、どうする?』
あなた

え?私が決めるんですか?

担任の先生『決めてくれてええよ!』
あなた

じゃあ、永瀬廉くんにサプライズしたいです!

担任の先生『了解!じゃあ生徒みんなに言わなな!それで、少しプログラム変更して貰って時間貰うかー。』





ピーンポーンパーンポーン
《奥原先生、至急職員室まで来てください。》




担任の先生『呼ばれたー( ´・ω・`)』




あなた

先生行ってらっしゃーい!(^O^)

奥原先生side


〈はい、変わりました。奥原です.....はい、はい、わが校では基本的に大丈夫なので…はい!では失礼します。〉

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ミルクティー🍼😗
ミルクティー🍼😗
小説アカウント。 JK1年 最近低浮上です。 勉強で忙しすぎて....... 更新出来るように頑張ります。 ハートやコメントいつもありがとうございます! 🍼😗ファンマーク? よければどうぞ。 King & Prince 永瀬廉君♡♡ HiHi Jets 井上瑞稀君♡♡ 橋本涼君♡♡ 青い鳥さん @KpMizumizu でやってます! 最近始めたばっか笑笑 そしてそんなに発言してない。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る