第10話

6,006
2019/03/02 01:33
紫耀
紫耀
あなた… !!!
あなた

やだ ッ 、…待って…

あーらら、ちゃんと周り見ないとぉー
紫耀
紫耀
あなたを 、離せ ッ …!
離すわけないじゃん?笑



紫耀と車から出て、先に海に走っただけ。






紫耀が危ない なんて言うから、まったくわからずその場で止まっていたら、






知らない奴3人組に、捕まったんだ 。






ボス的な存在の1人に、後ろからハグされ、

残りの2人は、逃がさないように押さえてくる






あなた

ッ 、…しょぉ …、!

紫耀
紫耀
あなた… !
紫耀
紫耀
今 、助けるから!



紫耀がこっちに走って来た。




すると突然、信じられない事が起きたんだ。









不良2人が、紫耀に向かって殴ったんだ






あなた

紫耀 ッ 、…!!!ねぇ 、やめ、てッ

紫耀
紫耀
うッ 、……はぁ、はぁ…
そんなんでこの可愛い子、守ろうとしてんの?笑
もう、俺にしときなよぉ
あなた

いやッ…!あんたなんてクソ、嫌に決まってる!

あれぇ、そんな事言うんだ…
お前ら、その彼氏さん、もっと痛みつけてやれ
おっす
あなた

やめて、…!!!

紫耀
紫耀
ッ、…!…うぅ…、あなた…ッ、
ふはっ、いい気味



もう、限界だった。







涙なんてとまらないし、



紫耀を助けてあげられない無常観に腹が立って、





こんな風景、見たくもない。










お願いだから 、…紫耀を助けて ッ



プリ小説オーディオドラマ