無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

とある日の帰り道
とある日の帰り道。

朱里と光はたわいもない話をしながら

2人で仲良く帰っていました。

朱里
今日1番嬉しかったことを君に伝えたい!♬❤︎
え、なになに?いきなりどうした?ww
朱里
思い出し笑いしちゃいそうなこと今すぐ伝えたい♫(๑˃̵ᴗ˂̵)
え??ねーなんかの曲?
朱里
そうそう!最近ハマってるの!
へぇーそんな曲あるんだー
じゃあちなみに、朱里は?なんかあったの?
思い出し笑いしそうなこと!
朱里
うーん、今日はねー、
あ、お昼休みのチャイムなったと同時にね
◯◯先生が
今日のご飯はハンバーグゥ〜❤️
って誰もいない階段をスキップで降りてくのを目撃したよ……w
え、ヤバww
エド◯◯◯じゃんww
なんて、、、話をしてたその時
危ない!
はいあるあるきたーーw
みなさん分かりますね?
光が朱里を引き寄せた瞬間、

凄いスピードで車が横を通り過ぎて行きました……
危ないなーもう
朱里
ごめん、ありがとう
いえいえ
はい、不覚にもまたまたときめいてしまう朱里でございました。