無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

幽霊なんて…怖くな…
ガチャ!キーーー
門が開く。それと共に無邪気な声が聞こえる。

そよ)神楽ちゃーん!

あなた)そよちゃーん!

この子は徳川そよ。将軍の徳川茂茂の妹君で私のこの世界初めての友達である。

そよちゃんは天然Sで何かと面白い子だ。

あなた)そよちゃん見て見て!酢昆布!駄菓子屋で大量に買ってきたアルよ!

そよ)ありがとう神楽ちゃん!あ、これ限定ものじゃない!?ありがとう!これ数量限定らしいから手に入らないかと思ってたんだァ!

あなた)私にかかればお安い御用ネ!歌舞伎町の女王様アルよ!

そよ)じゃあ私、お礼しなくちゃ!今日はあらかじめ神楽ちゃんが来るって聞いてたから沢山料理を用意したよ!神楽ちゃんが大好きな酢昆布はじいやのせいで用意出来なかったけど…

あなた)大丈夫ネ!酢昆布ならここにあるヨ!それにしても今日はじいやがいないアルな。なんかあったアルか?

そよ)実は…この城ね幽霊が出るの。

あなた)そよちゃん、私幽霊怖くないからそういうのあんまりびっくりしないヨ。

そよ)違う!これホントなの!今日泊まってくれる?それなら分かるからさ!

あなた)OKネ!そよちゃん守ってあげるヨ。

そよ)ホント?嬉しい!じゃあ早く城に入ろっか!

_______________

あなた)で、なんでお前がいるアルか。

沖田)仕事でぃ。お前こそ何しにきやがったんで?

あなた)あー、別に言わないヨ。お前には関係ないアル

沖田)あそ。興味ねぇけど。

あなた(あぁ、なんでいっつもこんな態度ばっかり取っちゃうんだろ…)

そよ)あ、神楽ちゃんいたいた!沖田さんもいらしてたんですね。

沖田)無理矢理土方さんに連れてこられやした。

そよ)フフッでも、兄上様はちゃんと守って下さいね?

沖田)分かってやすよ。

あなた)ところでそよちゃん、幽霊の話は?

そよ)そうだったね。話すの忘れてた!
実は、最近この城に幽霊が出てきて、呻き声をあげるの。でも兄上様の部屋からばかり聞こえるから、みんなパニックになっちゃって。

沖田)それで真選組も駆り出されたって訳でぃ。

あなた)すごいおおごとになってるアルな

そよ)うん…それで城の警備もより一層強固になってるから寂しくて。

あなた)任せてヨ!私が幽霊なんて追い払ってやるネ!

そよ)ホント?嬉しい!

……To be continued

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

舞衣(˙˘˙̀ ✰
舞衣(˙˘˙̀ ✰
大阪府在住! 中学二年生! 進撃の巨人めっちゃ好き! 銀魂も超好き! どっちも数年前から見てます☆
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る