プリ小説
一覧へ

第1話

突然の提案である
奏太
あづーい……
時は7月。
もう真夏日が出始めているらしい。
まだスイカも食ってないし夏休みにも入ってないってのに…
マジ地球温暖化やべぇ。
エコを心がけましょうとか言ってるけど効果あんまないと思うの俺だけ?
康介
そりゃ、夏だしな。
奏太
だよなぁ…しかも夏の暑さこれからもっと上がるんだろ…
康介
当たり前だろ…我慢しろ。
奏太
ちぇー、相変わらずつめてーな…
こいつは俺の幼馴染の康介(こうすけ)。
あ、俺は奏太(そうた)な。
昔はもっとフレンドリーだったんだけどなぁ…
しかしまぁこう暑くちゃたまらん…
涼みたいのはやまやまなんだがプールも空いてないし、かと言って家にいても退屈するしでとにかく暇になる。
なんかこう、面白くて涼める事ないかな…
奏太
あ、そうだ。
康介
却下。
奏太
まだなんも言ってない!!
康介
どうせろくな事じゃない。
奏太
そんな事ねーし!
康介
はぁ……で、何だ?
奏太
思いついたんだよ!涼めて楽しめる方法!
康介
はぁ……?
奏太
七不思議だよな・な・ふ・し・ぎ☆
康介
うぜぇ。
奏太
ひでぇ。
康介
で七不思議がどうしたんだよ。
奏太
ほら、アニメとかマンガとかであるだろ!主人公が仲間を連れて夜の学校で七不思議に出会う系の!
康介
…先に言っとくが俺は行かないぞ?
奏太
まぁそうかたいこと言わずにさw
康介
第一めんどくさい…夜に学校行くとかどうかしてる。
奏太
…………
康介
…………
奏太
…………( இ﹏இ )
康介
……そんな顔してもだめ。
奏太
うわあああやだあああ!コウも来ないとやだああああ!
康介
お、おい……わ、わかったから騒ぐなって!
計画通り……(¬ω¬)
康介
それで、いつ行くんだよ…
奏太
今日。
康介
……は?
奏太
今日の夜12時
康介
………わかったよ…また泣かれても困るし…
奏太
やったー!!
あの時誘わなきゃよかったんだ。

あの時泣かなきゃよかったんだ。

あの時コウの言う通りにすれば良かったんだ。

あの時行かなきゃよかったんだ。

あの時
あの時
置いて行かなきゃよかったんだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

白雪マフィンズ@サブ垢
白雪マフィンズ@サブ垢
白雪マフィンズのサブ垢でっす
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る