無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

大好きだよ③
読み終わると涙が溢れ出た。













本当は一緒に読めるはずだったんだ_____。







でも、それは叶わなかった。












































次々と今まで教えてもらってきたことが脳裏に浮かぶ。





ガーデンでお菓子パーティーをしたこと。







初めて会った、あの瞬間も…








全てが色鮮やかな映像のように写し出されていく。




































みどりちゃんはお花畑に行ったんだ_____。






































しばらくすると、かえちゃんの方からも鼻をすする音が聞こえてきた。












私たち2人は。

同じことを、同じ瞬間に知った。











そう、みどりちゃんは。














































































12月26日に亡くなっていた_____。