無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

「かわいそう」って言葉
またある日、みどりちゃんは教えてくれた。
みどり
みどり
かえちゃん、雛子ちゃん。
「かわいそう」って絶対言っちゃダメだよ?
雛子
雛子
誰に?
みどり
みどり
誰にも
かえ
かえ
なんでー?
みどり
みどり
「かわいそう」って、その言葉自体が上から目線なんだよ。
雛子
雛子
どういうこと?
みどり
みどり
自分が上にいるから「かわいそう」っていうら言葉が使える。自分が下の立場の場合、自分より上の立場にいる人に「かわいそう」とは言えない。

そう思わない?
雛子
雛子
…あ、そういうことか
かえ
かえ
たしかに…
みどり
みどり
だから、「かわいそう」はその言葉自体が誰かを見下してるっていうことになるんだよ。
雛子
雛子
なるほど…
みどり
みどり
たとえ、病気を持ってる人であっても。身体的な障がいを持ってる人であっても。

…絶対言っちゃダメだよ?
雛子
雛子
「常に謙遜する」っていうこと?
みどり
みどり
そう。いつでもね。
かえ
かえ
うんうん…
みどり
みどり
ずっと、忘れないでね。
雛子
雛子
うん
かえ
かえ
うん















「かわいそう」って、その言葉自体が上から目線なんだよ。

自分が上にいるから「かわいそう」っていうら言葉が使える。自分が下の立場の場合、自分より上の立場にいる人に「かわいそう」とは言えない。


だから、「かわいそう」はその言葉自体が誰かを見下してるっていうことになるんだ。
































これを読んでいるあなたも…。








忘れないでね。