無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

あれから7年。
あれから7年。


私の状態は少しばかり良くなり、発作も少なくなった。

薬を飲んでいるおかげだろうか。














それとも。







お花畑にいるみどりちゃんがパワーでも送ってくれているのだろうか…。











私はみどりちゃんが通うはずだった「私立星宮学園」に入学。


一生懸命勉強した。

とにかく一心不乱だった。



「みどりちゃんと同じ学校に行く」。

それしか頭になかった。




そして、星宮学園の合唱部にも入部した。

約束は…
_____果たした。


もちろん、一生懸命練習した。


おかげで多くの先輩や先生からも一目置かれる存在になれた。








そして私は中学2年生になった。


今日は1年生との初の顔合わせだ。


















自己紹介が始まる。



〇〇〇〇です


△△△△です。


◻︎◻︎◻︎◻︎です。






2年生になって、1年生と初めて顔を合わせる日。

いつものように、何事もなく練習は終わった。