無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

「天国」ってなんだろう
かえ
かえ
「てんごく」って何?
ある日、かえちゃんが急に言ったことがあった。
みどり
みどり
…天国ねぇ
雛子
雛子
神様のところだよ
みどり
みどり
…「神様」ねぇ
かえ
かえ
かみさまー?
どんなところ?
雛子
雛子
誰も答えなかった…




長い沈黙が続いた…






でも、そんな音が無くなった病室に、そっと響いた声があった。
みどり
みどり
………お花畑だよ
雛子
雛子
…お花畑?
かえ
かえ
お花がいっぱいあるの?
みどり
みどり
…うん、あるよ
かえ
かえ
どんなお花ー?
みどり
みどり
真っ白
雛子
雛子
全部?
みどり
みどり
うん…

目を閉じてみて
私とかえちゃんは、そっと目を閉じる。
みどり
みどり
空には真っ赤な絨毯じゅうたんが、一直線に続いてるの。
みどり
みどり
そっとその絨毯を進んで…?
雛子
雛子
…進んだ
みどり
みどり
あなたの「赤い絨毯」は長い?短い?
かえ
かえ
…長い
雛子
雛子
雛子も長い…
みどり
みどり
そうよ、ずっとどこまでも続くような、長い絨毯…
みどり
みどり
…そろそろ見えてくるんじゃない?

「真っ白のお花畑」。
みどり
みどり
そこには小さい子たちがお花を摘んでる。花束にしてるね。
みどり
みどり
…一面の花畑、終わりは見えますか?
かえ
かえ
…見えない
雛子
雛子
雛子も…
みどり
みどり
そうだね、見えないよね…
どこまでも続く白いお花畑。






…これが「天国」だよ
私たちはそっと目を開ける。

そこには目を潤ませていたみどりちゃんがいた。
かえ
かえ
…なんで泣いてるの?
みどり
みどり
「天国」、綺麗だった?
かえ
かえ
うん!
みどり
みどり
そう……(泣)


………良かったね(泣)
雛子
雛子
…摘んだ花束はどうするの?
みどり
みどり
「生きてる世界」のお花屋さんに送るの。
かえ
かえ
じゃあ…
雛子
雛子
雛子たちがお花屋さんで買うお花は「天国からの贈り物」なの?
みどり
みどり
そうだよ





































…これが、みどりちゃんが教えてくれた「天国」だ。








人によっていろいろな「天国」があるだろう。


その中でも、みどりちゃんは「お花畑の天国」を教えてくれたのだった。






















































…もしかしたら、あの時みどりちゃんは、お花畑の中に自分がいることを想像したのかもしれない。






ーーーお花を摘んで花束を作る自分をーーー