無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ずぶ濡れの彼女①
看護師さん
みどりちゃん、どこ行ったか知らない⁉︎
ある日、私たちの病室に看護師さんが飛び込んできた。
雛子
雛子
え?いないの?
看護師さん
…うん(焦)
かえ
かえ
みどりちゃーん
看護師さん
どこか行くって言ってた⁉︎
雛子
雛子
…いや、何も
かえ
かえ
聞いてないよー
看護師さん
…えぇ〜
雛子
雛子
トイレ行ったんだと思ってたけど…
かえ
かえ
無言で出て行ったよね…?
雛子
雛子
うん…
看護師さん
まじか…
貴重な情報サンキュー!
また来るっ!
看護師さんはあたふたと病室を出て行った。

まぁ、外は土砂降りだから外にいるってことはないでしょ…

看護師さんが病室から出て行ったあと、かえちゃんと話していた。
雛子
雛子
外は無いよね
かえ
かえ
うん、雨だもんね
雛子
雛子
…うん、めっちゃ降ってるよ(笑)
かえ
かえ
だね〜(笑)
雛子
雛子
売店は?
かえ
かえ
コンビニ?
雛子
雛子
うん
かえ
かえ
昨日お菓子いっぱい買ってきてたじゃん
雛子
雛子
あ、そっか
かえ
かえ
うん…
雛子
雛子
どこ行ったんだろ…
かえ
かえ
検査は?
雛子
雛子
検査なら看護師さんが迎えに来るんじゃない…?
かえ
かえ
そっか…
雛子
雛子
どこだろ…
かえ
かえ
みどりちゃーん…
その時、私の頭がひらめいた。
雛子
雛子
かえちゃん!
ちょっとお散歩行かない?
今歩ける?
かえ
かえ
よゆー!
雛子
雛子
あ、そうなの?(笑)
じゃ、行こ!
かえ
かえ
うん!
私たちはエレベーターに乗った。
かえ
かえ
自販機ルーム?
雛子
雛子
…の可能性もあるけど
かえ
かえ
…けど?
雛子
雛子
「雨だから」だよ
かえ
かえ
??
雛子
雛子
雨じゃん!外!
かえ
かえ
…あ!!!
分かった!!!!
エレベーターで10階まで行く。
そこに屋上があるんだ。
かえ
かえ
もうすぐ着くね…
雛子
雛子
うん…なんか緊張しない?
かえ
かえ
うん…
みどりちゃんなのにね
雛子
雛子
そうそう…
私たちは屋上に通じる自動ドアの手前で立ち止まった。
かえ
かえ
誰かいる?
雛子
雛子
………あれ、みどりちゃんじゃない?
かえ
かえ
そこには、雨の中傘もささずに、まっすぐ景色を見つめているみどりちゃんがいた。
雛子
雛子
かえちゃんは点滴もあるし、濡れちゃうからここで待ってて…?
かえ
かえ
じゃあ、自販機コーナーのあの椅子に座っとくね
雛子
雛子
分かった。
何かあったら電話かけて
かえ
かえ
うん
私は傘をさし、屋上へと進む。

相変わらず後ろ姿綺麗だね、みどりちゃん…






そっとみどりちゃんの隣まで行って傘をみどりちゃんの頭上に傘を傾けた。
みどり
みどり
…雛子ちゃん⁉︎
みどりちゃんはびっくりしたように私を見た。
みどり
みどり
…なんで分かったの?