無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

外出許可
看護師さん
外出許可の話なんだけど…
あの日の次の日、看護師さんはかえちゃんと私を別室に呼んだ。
雛子
雛子
うん、出来そう…?
看護師さん
かえちゃんはやっと寛解状態になったばっかりだし、今は感染にも弱いから「雛子ちゃんとみどりちゃんなら」っていうことになった…
「寛解状態」とは白血病患者さんにおいて、白血球が薬によって減少した状態。
悪い白血病を一掃するのが薬の目的だから、薬は効いていることになる。

しかしながら、白血球が体内に全く無い状態のため、感染にはとても弱い。

健常者にとってのただの風邪が命取りになることさえあるのだ。
雛子
雛子
じゃあかえちゃんは…
隣のかえちゃんをチラッと見る。
かえ
かえ
かえは、お留守番しとくよ
雛子
雛子
かえ
かえ
大丈夫だから!
楽しんできてよ!
雛子
雛子
でも…
かえ
かえ
ホントに大丈夫だってば!(笑)
笑ってるけど、本当は悔しいんだろうな…
泣きたいんだろうな…



そう思うと、どうしても抱きしめたくなる。
かえ
かえ
かえの分まで楽しんできて!
雛子
雛子
…うん!
私は無理やり笑顔で返すほかなかった。